みんなの声

出会えて良かった七田式?!

2017-08-09 (水) 16:08 みんなの声

 

鎌倉美也子さん

(百花ちゃんのお母さん)%e5%9b%b31

七田との出会いは娘が9ヶ月の時に受けた体験レッスンでした。「七田ってどんなの?」と軽い気持ちで受けたのですが、高速で動くフラッシュカードに釘付けになっている娘をみて入室を決めました。

お教室では赤ちゃんにこんな事も!?と思うような多岐に渡った課題がテンポよく進みました。母子一体感を大切にした生活面の事も教えてくれ、「赤ちゃんとのやりとりってこうするのか」と学ぶことが多く、娘との時間をこれまで以上に楽しく過ごすことができました。

1歳半程からイヤイヤ期になった娘。幼児と英語と続けての授業もあったのか、お席に座らずウロウロする日が続きました。「座って当たり前、期待通りにして」と、いつの間にか私の願望を娘に押しつけて、私の心は折れそうになっていました。そんな時、「大丈夫ですよ、ちゃんと座る日がきますから」「まだ生まれて数年ですよ」と先生は笑顔で励まし続けてくれました。(当の娘は2歳半になり随分座れるようになりました。)4月から保育園に通っていますが、入園式では堂々と大勢の前で自己紹介をしたり、先生やお友達にも必ず挨拶をしたりと毎日気持ちよく、楽しく過ごせています。生後1ヶ月の下の子にも興味深く、やさしく接してくれています。これも七田に通っているからだと思います。

七田の先生は娘の良い所を沢山褒めて、やる気にさせてくれます。また育児で悩んだ時には、「愛」を子供に伝える事が大切だと繰り返し言って、適切にアドバイスをくれますので、心強く、娘も私も教室に通うのがすごく楽しいです。母子共に、まだまだ発展途上です。これからもお世話になりたいと思っています。よろしくお願いします。


認めて・ほめて・愛して・育てる

2016-11-02 (水) 9:53 みんなの声

201611010721000

西野 奈々さん(寛二くん・詢二くんママ)

長男が2歳前に七田に入室しました。きっかけは、私の友達から七田があることを教えてもらい体験レッスンを申し込みました。その間にいただいたパンフレットを見ると、胎教コースから特別支援まであり、幅広く子ども達の能力を引き出し、伸ばしていくという考え方に魅力を感じたので入室を決めました。

レッスンでは、フラッシュカードはもちろんですが、ハサミやお箸の使い方、紐通し、運動、たくさんの歌など豊富なメニューがあり、息子も私も楽しみながらレッスンを受けていました。歌が好きな息子が家でもよく「どうぶつあいうえお」を口ずさんでいたのを思いだします。

ある日、同じクラスのお友達が暗唱とプリントの取り組みをしているのを見た息子が、「やりたい!寛二もこれほしい。」と表彰状を指さして言ったことをきっかけに暗唱とプリントを始めました。お友達から良い刺激をもらった瞬間でした。それから、暗唱とプリントが日課になっています。私は、「継続は力なり」という言葉が好きで、息子達にもどんなことでもコツコツ努力し続けることの大切さを感じて欲しいと思い、できる範囲で一緒に暗唱などを練習しています。

長男が年少の頃になると、左脳の学習が増え、内容が1歩も2歩も先をいくもので、「できん」という息子に(これでいいのだろうか)と悩んだ時期がありました。できなくても一緒に手を添えてやれば、そのうち・・・と考えすぎないようにしています。

七田に通い始めて3年が過ぎました。幼児コースと英語コースでいろいろな事を吸収している息子達です。いつもレッスンの始めに先生が、「みんなは、できるとかできないとか関係ない。ただそこにいるだけで、生まれてきてくれただけで・・・」と子ども達に話しかけてくれます。毎日慌ただしく過ぎていく中で子育てをしているとイライラしてしまっている自分を振り返らせてくれる言葉になっています。息子達が、これから何か壁にぶつかった時に乗り越え、前に進んで行けるように、認めて・ほめて・愛して・育て続けたいと思います。


ママからのメッセージ

2016-10-01 (土) 15:19 みんなの声

☆魔法の「大好きぎゅ?!」
甫喜本望さん(真裕くんママ)

七田チャイルドアカデミーとの出会いは、楽しそうに七田へ通う姪っ子の様子を見て興味を抱いた事が始まりでした。まずはマタニティークラスを受講してみました。そこで初めて七田チャイルドアカデミーの教育理念や胎児の底知れぬパワーに触れ、もうこれは絶対に通わせたい!と思い息子は2歳4ヶ月の時に七田っ子になりました。元気で好奇心が強く人一倍よく動く子だったので心配していた通り本当に大変で、そのレッスン態度に私の心は何度も折れて、レッスン後に先生がかけて下さる言葉で何度救われたか分かりません。そんな息子ももう6歳になり、いつの間にか平和に?レッスンを受けています(笑)
幼い頃からいろんな事をイメージ(妄想)するのが好きで、2歳の時にはあり得ない変化球をイメージして私と「エアーキャッチボール」が始まったり、雲を見ると必ず何かをイメージして伝えてくれました。最近でも運転中に「1?10までどれでもボタン押して!」と言うので押すフリをしたら天気予報から野球の実況、歌番組まで自前ラジオが始まり笑わせてくれます。これって七田で毎週するイメージ効果かな?と感じています。
七田効果といえば・・・以前、七田厚先生の講演を聴きに行った時に「1日に100回我が子を抱きしめてください。」というお話がとても印象的でその時の私は「100回も無理?!けどできるだけ実践してみよう!」と思いました。そしてあれから数年ほぼ毎日「大好きぎゅ?!」と言いながら息子におはようの挨拶から始まり、事ある毎にハグしています。最近この毎日のハグがどれほど大切か?という事を実感する出来事がありました。昨年の11月からピアノを習い始めたのですが、先生の勧めもありコンクールに出る事を息子が自分で決めたものの思い通りにならない日々が続きました。そんな息子を見て私まで焦ってしまい厳しくしてしまった時には全てがマイナスに働いていきました。演奏も・・・そして親子関係までも。その時に「演奏に追われて大好きぎゅ?!が少ない!」と気付いたのです。そこからは嘘のように全てが以前よりも良くなり、息子もピアノの練習を頑張れるようになりました。「大好きぎゅ?!」はまさに魔法です。息子だけではなく私の気持ちまで優しくしてくれるのですから。今では練習時間の半分はハグの時間です(笑)
分かったような事を書きましたが、毎日家では怒鳴り散らしています。イライラもします。息子とケンカもよくします。そして悩みます。もうドタバタコメディです。今までの子育てを振り返ってみても、いつも反省だらけでその度にお教室の先生のアドバイスや七田眞先生の著書等からたくさんの教えを頂き助けられて来ました。週1回の七田のお教室は子供だけでなく母親も色んな学びがあり、通っていて本当に良かったです!これからも親子共々ご指導よろしくお願いいたします。


ママからのメッセージ

2016-10-01 (土) 15:16 みんなの声

☆子供は天才
藤井愛さん(月陽ちゃんママ)

三才までにたくさんいろんな事を体験させた方が良いという話は子供を産む前から聞いていました。脳科学の本や育児書いろいろ読みあさり赤ちゃんの頃からPCでフラッシュカードなど見せてましたが1才すぎた頃から飽きて見なくなりやっぱり見てるだけでなく体験できる教室が良いかなと思い七田の体験に来ました。たくさんの課題を次々楽しそうにこなしていく姿を見て入室を決めました。何でも楽しみながら、何でも遊び感覚、無理強いはしないと自分で決め、ただ毎日する事を習慣化する事にしました。朝ごはんはマンスリーCDを聞きながら食べる、寝る前に4ページ絵本を必ず読む、をただ毎日繰り返していました。すると、4ページ絵本を私が読むと真似っこして言うようになってきたので、自分で読んでみる?と渡してあげると次々と言えるようになりました。その姿をカメラに撮って見せて「すごいね?天才だね?」と褒めまくりました。それが嬉しかったようで3才になる前に全部覚えて言えるようになりました。
本当に子供は天才なんだな?子供の可能性は無限に広がっているんだな?と改めて親が子供の可能性をせばめてはいけないな?と思い次々いろんな物を聞かせるようにしました。
ペグワードもCDを聞いてるだけで次々覚えて言えるようになり、ただ私は聞かせてできたらすごく褒めるを繰り返しているだけなので天才を作るのは環境だけなんだな?と感じました。プリントも毎日絶対やる!とは決めず、一緒にプリントをして遊ぼうよ!と声かけをする様にして、今はしないと言えばじゃ?やめようか。と無理にさせないと心がけてます。
時にはぐずぐず、怒ったりすると、こちらもイライラして怒ってしまう事もありますが、そんな時には先生が相談に乗ってくれるので本当に心が軽くなります。子供の才能を信じ、これからも認めて褒めて愛するを心掛けたいと思います。


☆まずは親

2016-06-01 (水) 12:47 みんなの声

☆まずは親

苅田直美さん
(璃空くんママ)

6年前、長男が1歳の時に主人の妹のススメから幼児教育・七田CAを知りました。落ち着きのない我が子が席に座って興味津々に体験レッスンを受ける姿に驚き入会を決めました。
転勤で東京?大阪?高知と移ったのですが、最も圧倒されたのが高知教室です。子どもたちの暗唱やプリントの進み具合、そして親御さんの熱心さ。それまで漠然と教室に通っていただけの後悔と、デキる子どもとの比較からくる焦りが私に暗唱・プリントの強要をさせていました。しかりつけられ泣きじゃくりながらプリントに向かう息子の姿に「やめたらどんなに楽か…」と何度も悩みました。カリキュラムに懐疑的な主人からは何度も「やめろ!」の言葉が発せられました。それを頑として受け入れなかったのが息子でした。週1回のレッスンは彼のバイオリズムに組み込まれていて、大好きな七田の先生に成長を褒められることがやる気や自信へとつながっていたのです。振り返ってみると、息子が幼稚園の発表会で堂々と振る舞えたり日々の学習習慣が身についたのは七田効果というよりほかありません。今更ながら勉強するもしないも親の心がけ次第。強制しないでやさしく促す方がスムーズに学習に入って、効率が良いようです。実践できているかどうかは置いておいて…
七田ではずっと兄弟それぞれの長所を見出し伸ばす指導を続けてくれています。これまでに培われた知恵や知識がいつ・どのようにつながり結びついて、いかなる成長を遂げるのか、過度な期待を抱かぬよう自制するばかりです。


☆魂の教育☆

2016-05-06 (金) 16:08 みんなの声

☆魂の教育

K・Fさん(Mくんママ)

私と七田教育との出会いは、本屋で見つけた七田眞先生の著書でした。
当時家族が闘病中だったため、フライングインやイメージトレーニングに興味を持ちました。その後胎教について書かれた本も読み、いつか七田式で子育てをしたいと思うようになりました。
子どもを授かり、胎教から教室に通い始めて一番感じたことは、愛情が全ての根っこであるということでした。
フライングインやイメージトレーニング、暗唱などは枝葉の部分で、見えない根の部分を親子、特に母子一体の愛情で育むことの大切さと実践方法を教わり、自分の子育ての中のちょっとしたイライラが、子どもにいかに悪影響を与えていたかが解りました。
できたりできなかったりですが実践していく内に、もっと私自身が学ぶ必要があると思うようになりました。
そんな時教室で紹介していただいたのが、七田眞先生が最後に遺された著書、「七田式魂の教育」でした。
「認めてほめて愛して育てる」の意味、それがどこにつながっていくのか、七田教育の全体を高い視点から見て深く説明されている内容に、人生の航海図を手に入れたと思いました。子育ての今だけでなく、もっと先が見渡せ不安が楽になりました。
七田教育に出会わなければ、私はエゴと愛の区別がつかないまま、愛情という名の植木鉢で、子どもを盆栽のように育ててしまっていたと思います。
今は我が子という樹が安心して本来持つ素質を伸ばせるよう愛情を注ぎ、そして育った樹が木陰で人を安らげ、花や実で潤し、落ちた葉で次世代を育む、そんな日を夢見ながら、親子で魂の教育を楽しんでいきたいと思います。

子育てという人生の一大イベントで、導いて下さる先生や共に学び進む仲間がいることはとても幸せなことだと思います。
まだまだ始まったばかり、これからもよろしくお願い致します。


七田とはなんぞや!!

2016-03-31 (木) 21:10 みんなの声

☆七田とはなんぞや

山口邦子さん
(輝真くんママ)

『七田とはなんぞや』それが自分の中で納得できた時、逃げ続けていたこの原稿を書く役目が満を持して表れました(笑)三年間通う中、ずっと自分自身が納得する答えを探していました。私の子育ての中で大事にしてきたのは、本人に『ありのままの自分に自信を持って欲しい』でした。色々な人と交わり、色々体験する事から感じる“感性”を大切にしてほしいと思ってきました。そこで感性の領域の右脳を刺激する七田・・・フムフム面白いなと思って始めたのがきっかけでした。入ってみるとすごい量の暗記、競争じゃないよと言われながら目に見える達成表の数々(笑)圧力を感じて育ってほしくないと思う気持ちと、圧力をかけなければ達成はむずかしい現実(笑)何かが出来たから自分は愛してもらえると条件付きの愛しかただと思ってほしくないのに、やらなかったら表にはどんどん表れ、自信を落としかける姿にジレンマを感じ、正直、辞めようと真剣に悩んだ日々もありました。そして小学校へ上がり続けるか友人とずいぶん迷走を繰り広げていた最中(笑)私の中の点と点の存在だった知識や情報がバァッと線でつながり、まさに文明開化のごとく『そうだ!七田とはそこなんだ!』とある日を境に自分の中の答えを見い出せました。答えは・・・言いません(笑)答えは人それぞれ違うものだと思います。そこで大事なのは自分が納得できているかだと思います。そしてこれから新しいスタートを切る輝真に対して、もちろん学校のテストも大事、でも今、わざわざ七田をやっているのはね・・と自信を持って伝えられる事が嬉しいです。そして大人になって輝真が自分の可能性を信じ、生きる道を切り開いて行く時、その時やっと真の七田がパワーが発揮されるだろうと信じています。先生に恵まれた事が大きかったです。先生、悩んでいた時期も意気揚々とやっている時期も(笑)常に伴走し続けて下さって、本当にありがとうございました。今ある大きな気付きは先生のお陰様です。いつも輝真の存在すべてを“まるっ”とひっくるめて育てて下さった事に本当に感謝しております。ありがとうございました。


心がピカピカ七田っこ

2016-03-01 (火) 11:04 みんなの声

七田に通って

河野杏奈ちゃん(小4)

わたしは3歳から七田に通いました。七田に通ってから学校では学ばないことを学び、とても役に立ったと思います。一番七田に通って役に立ったことは色々覚えた事です。特に理科ソングや歴史人物は学校では勉強する前に覚えたので良かったなと思いました。学校ではやらない実験をするので、おもしろくて実験が好きになりました。七田はイメージトレーニングをするので心を落ち着かせて授業ができます。イメージトレーニングをするとなんでもできるようになると自信がつきました。そして、その自信でおでこに1円玉を3枚つけることができました。暗唱はチャレンジタイムがあり、そのタイムで発表できるようになるために一生懸命覚えました。そしてその結果全部チャレンジタイムで発表でき、合格のシールを貼れて、自分でも感動しました。それに七田の先生が授業で暗唱の文を読むときにねんいりに読んで聞かせてくれたから、家に帰ってすぐに暗唱できるようになりました。七田の先生には感謝しています。先生はいつも励ましてくれて、やる気を出させてくれました。七田を卒業するのはとっても寂しいですが、夢を叶えるために今まで七田でやってきた事をいかしてこれからも世の中の役に立つような人になるために頑張っていきたいと思います。


– やる気のスイッチ –

2016-02-02 (火) 9:55 みんなの声

高畠洋子さん
(一真くん、悠真くんママ)

現在七田に入室して、長男一真(小1)が2年、次男悠真(年少)が2年半過ぎました。子供達に聞くと「七田大好き!!先生大好き!!楽しい、面白いよ。」と答えてくれてます。
七田の先生は、いつも笑顔で子供の良い所を沢山誉めてくれ、前向きに頑張れるよう励ましてくれます。もちろん母親の私もです。誉められることでやる気スイッチが入り、頑張れるのだと気付かされました。
暗唱に関しても私から見れば「沢山一度に覚える事は無理かも?」と思うことも、特に長男はやる気スイッチが入ると、どんどん1人で暗唱。失敗しても先生に励ましてもらい頑張るの繰り返しで、
母親の出番なしです。
次男は、長男の事が大好きで課題暗唱CDより長男の口ずさむ歌(形で覚える都道府県と世界の国々)を自然と覚えています。CDのかけ流しが長男の歌に負けました。今は、長男に誉めてもらい少しずつ頑張っています。
そんな2人を見て、誉めてあげて、先生に教えてもらった8秒間の抱きしめを実行し、やる気スイッチが入るように心がけたいと思います。そして子供達の楽しい、好きという気持ちを大切にし、認めて、誉めて、愛して育てていきたいと思います。
これからも親子共々ご指導宜しくお願いします。


七田に出会えて感謝

2016-01-14 (木) 17:00 みんなの声

しちだに出会えて感謝?

前川知美さん
(夏希ちゃんママ)

私が七田に興味を持ったのは、娘の仲の良いお友達が通っていたことがきっかけです。
最初は気楽な気持ちで体験レッスンを受けたのですが、次々にスピーディーに展開していく授業内容が斬新でおもしろく、集中して参加している娘の姿を見て入会を決めました。
授業の内容は多岐にわたっていて、いろんな角度から子供の能力を引き出してくれていると思います。
これは難しいかなと思うような取り組みも、子供なりに一歩一歩前進している姿にはいつも驚かされます。
又、七田では勉強だけではなく、子供との関わりについても学ぶ事ができたことは私にとってとてもありがたいことです。
クラスの先生は、いつも子供の良い所を見つけて誉めてくれたり、授業が終わるとギューっと子供を抱きしめてくれます。だから娘は自己肯定感が満たされ、七田が大好きなのだと思います。
私も毎日の生活の中で、娘とのスキンシップを大切にしたり、「認めてほめて愛して育てる」を心がけるようにしています。そのおかげか、娘はおおらかに伸び伸びと育ってくれていると思います。
先生方やクラスの皆さんは、志が高く、素晴らしい方ばかりです。このような素敵な出会いや経験に感謝しています。


Page 1 of 1012345...10...Last »

入室生募集

講師・スタッフ紹介